【保育園 業務改善】“残業ゼロ”“持帰りゼロ”を実現!
ICTを活用した業務改善

「働き方改革」に成功するには

船井総合研究所の北村と申します。
お忙しい中メルマガをご覧いただき、ありがとうございます。
本日のメルマガでは、ICTを活用して「残業ゼロ」「持帰りゼロ」を
実現する方法について記載させていただきます。

現在、労働人口減少により、人材獲得が難しい時代です。
保育・教育業界においても「保育士」「幼稚園教諭」の採用は年々困難になってきています。
また、職員の定着率も低下傾向にあり、「他園」「異業種」への転職が増加しています。

では、なぜ保育士は離職していくのでしょうか?
様々な調査結果、また現場の方々の声をお聞きすると大きく以下3点に集約されます。
1.人間関係
2.給与・賞与などの条件面
3.残業・持帰り宿題などの労働環境

中でも近年は「3.労働条環境」が理由での退職者が増加傾向にあります。

しかし、一方で上記のような時代の流れを逆手に、いち早く働き方改革に着手し、
「残業ゼロ」「持帰り宿題ゼロ」を実現、職員の高い定着に成功された法人も出てきました。

それら働き方改革に成功された法人の多くで行っていることが”ICTの活用”です。
ICTを活用したことで「残業ゼロ」「定着率改善」「残業費削減」「保育の質向上」など
様々な成果を残されておられます。

ICTを導入の流れは以下です。
1.業務の棚卸し
2.書類などの手書き時間の算出
3. ICTの導入
4. 定着のための月1〜2回のミーティング/効果検証

特に、ICT導入に失敗した法人は「4.定着のためのミーティング」などを
行わないケースがほとんどです。

一方で上記ステップをしっかり行っている法人は、
4〜6ヶ月間で、1人1日あたり1〜3時間の時間削減に成功しています。

是非、働き方改革を機にICT導入に挑戦されてはいかがでしょうか?

ここまでメルマガをご覧いただき、ありがとうございました。
本メルマガでお伝えをさせていただいた内容をより深くお伝えさせていただくセミナーを
3月28日(水)に東京にて開催させていただきます。

ゲスト講師には、実際にICTを活用して働き方改革に成功された
”社会福祉法人 慈光明徳会 園長 藤岡孝史様”をお招きしております。

慈光明徳会様では、ICTを活用され以下のような成果を挙げられておられます。
・ICT活用で働き方改革を実現
・残業ゼロ、持帰り仕事ゼロを達成
・職員の定着率アップに成功
・効率化した時間を保育、教育の質向上に充当
・地域で圧倒的なブランド園へ
セミナーでは、上記の軌跡から今後の展望などをお話いただくご予定となっております。

また、セミナー当日は我々からも
・現在の時流
・最新の働き方改革事例
・実行のための具体的手法
など、お伝えさせていただきます。

ご興味のある方は、3月28日(水)のセミナーにご参加ください。
セミナー詳細は追ってH Pにてご案内させていただきます。

保育士採用を成功させるには・・・?

「保育士採用を成功させる秘訣」について、無料冊子がダウンロードいただけます。

↓↓ 詳しくはコチラ

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/hoiku-kodomoen/saiyou-dl.html

お問い合わせはこちらから