【保育士 採用】新卒幼稚園教諭・保育士の実態 ~魅力ある教育・保育サービスを提供するには~

幼稚園教諭・保育士の質の低下

いつもコラムをお読み頂き、ありがとうございます。
船井総合研究所の栗山茂之と申します。

今回は幼稚園教諭・保育士の人材育成の必要性についてお話させて頂きます。

私立大学・短期大学等入学志願動向(日本私立大学振興・共済事業団調べ)によると、
私立大学における教員養成系学部の入学定員充足率は、2017年度で102.5%(2013年度
比▲8.4ポイント)と悪化傾向です。

主因は”幼児保育関連学部”の新設です。

学部の増加率に比べ、志願者数・入学者数の増加率は劣後しており、結果、入学定員
充足率が悪化していると考えています。

今後も、短大改組や各部新設に伴い、幼児保育系学部を設置する私立大学は増加する
と考えられ、18歳人口減少トレンドを勘案すると、更に入学定員充足率は悪化すると
考えられます。

この状況下、懸念される事項は、

『幼稚園教諭・保育士の質の低下』

です。

入試における競争原理が働かず、従来不合格となったはずの高校生が大学に進学。
現在の大学教育の仕組みでは、教育の質保証が担保されず、結果、従来対比、大学
卒業レベルに到達していない学生が資格取得、入園してくる可能性が高まっています。

一方、幼稚園・保育所を取り巻く環境は厳しくなってきており、幼稚園教諭や保育士
に求められるスキルは多岐に亘ります。

今後は、幼稚園・保育所が独自に専門士育成プログラムを構築し、魅力あるサービス
を提供できる人材を育てる必要があると考えます。

船井総合研究所では幼稚園・保育所の人材育成のお手伝いをさせて頂いております。
ご関心ある方は、s-kuriyama@funaisoken.co.jp(栗山)までお願い致します。

以上です。

保育士採用を成功させたいあなたへ

保育士採用について、無料冊子がダウンロードいただけます。

↓↓ 詳しくはコチラ

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/hoiku-kodomoen/saiyou-dl.html

お問い合わせはこちらから