【認定こども園 移行】平成30年度4月 認定こども園移行に向けて確認して頂きたい事

3つのポイント

いつもコラムをご覧いただき、ありがとうございます。

船井総合研究所の金子誉と申します。

本日のコラムでは、保育園・幼稚園における
「平成30年度4月 認定こども園移行に向けて確認して頂きたい事」について記載させていただきます。

 

今回は、平成30年度4月移行に向けて準備をされている皆様向けに、
この時期に改めて確認をして頂きたい事について、記載させて頂きたいと思います。

 

平成30年度4月移行に向けて準備を進めて頂いている皆様はこの時期、
認可申請に向けて多くの書類を作成しているかと思います。

この書類作成のタイミングでは是非、
以下のポイントについて改めて確認をして頂きたいと思います。

 

ポイント①:認可申請時提出書類一覧を入手していますか?

認可申請時に求められる書類は自治体毎、
移行のタイミング毎によって異なります。

そのため、既に移行をしている近隣の園、
県外の知り合いの園から認可申請時に作成した書類一覧を
共有して頂いたとしてもその書類の中には、
認可申請時に必要ではない書類が混ざっている、
必要な提出書類のはずなのに一覧の中に含まれていないモノが存在する、
などのケースが想定されます。

そのため、必ず自治体の移行を担当している窓口に問い合わせて頂き、
提出すべき書類一覧を入手して頂きたいと思います。
合わせて、提出書類のひな型が存在するのかの確認をして頂ければと思います。

この様に、提出書類一覧とひな形を入手出来るかどうかで、
認可申請書類作成のスピードと質が大きく変わってきますので、
改めてこのタイミングで是非確認をして頂ければと思います。

 

ポイント②:認定こども園設置計画時提出書類と認可申請書類で内容が重複している部分を把握していますか?

認可申請時に、数多くの書類作成と提出を求められていると思います。
これらの書類は、皆様の園が所属している市区町村へ
認定こども園設置計画書類を提出した内容と重複しているケースが想定されます。
そのため、以前に提出した設置計画時提出書類と
認可申請書類の内容で重複している部分を洗い出して頂き、
効率よく書類の作成を進めて頂ければと思います。

 

ポイント③:加算項目毎の要件を改めて確認をしていますか?

そして最後のポイントですが、
加算項目毎の要件をこのタイミングで改めて確認して頂きたいと思います。

利用定員の変更、職員数の変更、来年度入園予定数の確定に伴い、
加算項目毎に求められる要件が当初の想定要件と変更されている事が想定されます。

そのため、このタイミングで改めて加算要件を満たしているかどうかを確認して頂き、
当初想定していた事業収支を確実に実現して頂ければと思います。

 

以上、平成30年度4月移行に向けてこの時期に改めて
確認をして頂きたい3つのポイントについてお話をさせて頂きました。
是非これらのポイントを参考に円滑な移行に向けて準備をして頂きたいと思います。

 

認定こども園移行についてもっと詳しく!

認定こども園移行について、無料冊子がダウンロードいただけます。

↓↓ 詳しくはコチラ

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/hoiku-kodomoen/nintei-dl.html

お問い合わせはこちらから