【認定こども園・幼稚園向け】 200名以上が利用!私立幼稚園が取り組む12歳までの子育て支援事業

200名以上が利用する12歳までの子育て支援事業の作り方とは!?

 

認定こども園・幼稚園の理事長・園長先生の方向け

教育付学童保育の新規開設した成功事例をご紹介します。

当セミナーには成功事例の経営者様にご登壇いただきます。ぜひ最後までご覧ください。


日時・会場 お申込みはこちら

【東京会場】 2018年8月2日(木) 13:00~17:00
(株)船井総合研究所 東京本社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 日本生命丸の内ビル21階
《JR「東京駅」丸の内北口より徒歩1分》

このセミナーに申し込む 

※お申込みにはログイン(メールアドレス、パスワードの登録)が必要です。登録はすぐに完了します。

成功事例インタビュー

ストーリー1:「少子化」、「保育ニーズ」などの様々な苦悩・・・

私たちは、昭和51年4月に薬師寺幼稚園を開園

以来、地域の幼児教育に力を入れてまいりました。

そしてお陰様で園児数も年々増加し、現在では下野市と宇都宮市で5つの幼稚園、認定こども園、 保育園を運営しております。

しかし人口6万人にも満たない地方都市でかつ商圏内における子ども人口の 減少や、加速する保育需要、変化する保護者の教育ニーズや保育ニーズな どを考えると先行きに大きな不安を覚えました。

 はい園児・・・

 いずれ収益状態ら職は・

 時代保護者が求める教育で実すべろう

 競合する幼稚園との差別化をってくべろう・・・

ここ数年間はそのような危機感や不安を覚える中、今後の法人や園の方向 性などを考え、宇都宮市での保育園の開園や幼稚園の認定こども園化など の取り組みを推進してまいりました。

ストーリー2:ヒントは「保護者の声」に

そのように様々な取り組みを行ってまいりましたが、改めて

「一体、保護者は幼稚園に何を求めているのだろうか?」

「保育ニーズが高まる中で幼稚園や自園の存在意義とは?」

という原点に還ったときに見えてきたのが

「子どもたちにより良い教育を提供することや教育の充実」でした。

ではそのような「子どもたちにより良い教育を提供することや教育の充実」を どのように実現していくべきなのかを考えるうえで、園児の保護者の方々か らもヒアリングを行いました。そこで出てきたのが、

「卒園後も園で面倒を見て欲しい、園で習い事をさせたい」

というお声でした。そこで今後の園の方向性として、

「乳幼児期から学童期まで一貫して自園が積極的に関わる教育の実現」を掲げ、卒園後の教育環境の整備に力を入れていこうと考えました。

しかしいざ卒園後の教育環境の整備に力を入れていくとなっても具体的に何をどうすれば良いのかが分かりませんでした。

そのような折、船井総研の勉強会に参加する機会があり、自園で自らの手で 上記の思いを実現できる手段ややり方があることを知り、

様々な観点からど のような教育を入れていくべきかを検討しました。

検討をしていく中で、何から始めるべきかを考えた時に、やはり地域でまだ 行っていないが、今後子どもたちに必ず必要になってくるような教育事業をと 思い、

まずは2020年に小学校教育で必修化予定の「プログラミング教育」、 そして保育需要と教育需要双方からアプローチをかけることのできる「教育 付き学童保育」

在園児向けにスタートさせた「そろばん教室」の小学生対応 化を行うことにしました。

ストーリー3:色々な想いや考えをこのようにして形に!

しかし、いざ立ち上げを行うとなっても、当然今までそのような経験は無

かったため、何から手をつければ良いかも分かりませんでした。また、立ち 上げに関して漠然とした不安もありました。

そこで、船井総研にコンサルティングを依頼し、コンサルタントの山口さんと

「どのような学童保育」をつくるのかを入念に検討しました。山口さんの協力 や助言を仰ぎながら、

自園の考え、思いを実現できる「プログラミング教室」や「教育付き学童保育」を作るための、
  • 商圏調査や分析 ●保護者ニーズの調査
  • コンセプトの決定 ●月謝の設定
  • 開講曜日や時間の設定
  • 教材やカリキュラムの選定
  • 協力業者の選定
を進めていきました。

ストーリー4:体験会に120名参加!大盛況のプログラミング教室

そしてコンセプトや内容などが固まり、初年度はプログラミング教室の開校か ら進めることが決定し、募集のための準備に取り掛かりました。

まず始めに、プログラミング教室やプログ ラミング教育の重要性を理解いただくため の体験会(有料3,000円)を行いました。

そちらにはなんと告知や販促開始と同時 に申込が殺到し、最終的には120名もの 方にお申込みいただき、プログラミング教 育への重要性や関心度の高さを伺うこと ができました。

その後、実際に体験会を複数回に 渡って実施しました。体験会はあくま で体験会なのでそこからの入会が重要なため、体験会におけるクロージン グや入会誘導も考えて行いました。

その結果入会数は50名超と参加者 の半数近くの子どもたちに入会をして もらうことができました。

今年でプログラミング教室は2年目に 入り、現在では在園児、卒園児のみな らず、地域の子ども達の受け入れを 行い70名規模で行っています。

また紹介での入会も増え現在では体 験会から入会する割合が77%と高い 数値を出せるようになりました。

その結果、年間収入は1,000万円 を超え、今後当法人での大きな収益 の柱になっていくのではと期待してお ります。

ストーリー5:説明会も大盛況!各回ともに満席に!

昨年末より2018年度4月スタートを予定して いた教育付き学童保育の立ち上げの準備を 行い、保護者向けの説明会を機に年長、卒 園児(小1,2)の募集をスタートしました。

保護者向けの説明会では、4回行いましたが、各回ともに満席でした。

そして結果的に参加者が53名※(対象となる年長園児の4割近くの保護者が参加)

という想像を超えた結果になり、 やはり、「教育付き学童保育」の保護者のニーズは確実に存在すると実感できました。

また、説明会では船井総研の山口さんの サポートを受けながらパンフレットや

説明のスライド、ホームページなども作成し、 より保護者の方に教育付き学童保育の

魅力を感じていただけるように準備いたしました。

また、説明会終了後、別日にて実際に 教育付き学童保育が具体的にどのよう なものなのかを園児、保護者の方に体 験や見学してもらい、

納得した上で学童 に通っていただけるように学童の体験 会“プレ学童”を行いました。

このプレ学童は実際のカリキュラムを1日体験いただけるイベントとなっており、

 23説明会参加者43%)ものお子さんが参加してくれて大盛況でした。

ストーリー6:単価2.5万円!それでも空席待ちの状態に!

そしてプレ学童に参加いただいた保護者の方、子どもたちに入会いただける ように誘導し、いざ始めてみた結果、

2.5万円という単価にも関わらず、初月 で入会申し込み者数23名(定員20名)で空席待ちという想像を超えた結 果となりました。

また、教育面においても子どもたちは学童が スタートしてわずか1カ月ほどで、

・英語、英会話が目に見えて上達した

・勉強への集中力が身についた子が多い

・図形やパズルの問題もすらすらと 解けるようになった

など早速効果が表れました。

また上記のような効果を出すための取り組みも行っております。

まず1つ目に「スタッフへの教育」を 右記のマニュアルを通して、子ども 達への指導の仕方などをお伝えし ております。

2つ目に子ども達へ「躾やマナー、 学童で取り組むこと」について子ども 向けルールブックを通して常日頃か ら教育をしております。

まずは自分 で考えて分からなければ友達や先 生に聞くなどです。

このように決して勉強や学習一辺倒では 無く、子どもたちが将来、社会に必要され、 人を幸せにし、自分の夢を実現できる人となるように

「思いやりを持てる子」に育て るべく、様々な取り組みを行っています。

ストーリー7:学童スタート!キャンセル待ちの状態に!

そろばん教室に関しても、自園運営で在園 児向け課外として行っていたものを、

小学生でも継続して学習してもらえるように整備いたしました。

そろばん教室では「身になる珠算」を目指し 週2回以上のコースしか用意しておりませ んが、

そのような当教室の姿勢に賛同いた だき2年目の現在では55名の子どもたち が通ってくれています。

ストーリー8:保護者の方からの感謝の声

実際に保護者アンケートを取らせていただいた際に、下記のようなお声をい ただき教育付き学童保育を行う意味、意義は「確信」へと変わりました。

保護者の方からいただいたお声

・共働きで習い事への送迎ができないため、幼稚園の学童保育から課外教室に通えてとても助かっています。

・宿題だけでなく、その子の進度に合わせて学習指導を行ってくれるので、非常に ありがたく思っています。

・学習習慣を身につけさせたいと思い、入会しました。宿題だけでなく、学習教材 に取り組んでいるので、本人も自信になっていると思います。

友達からもよい刺 激を受けているようで、家で楽しそうに話しています。

・週に3回、英語教室を受けることができるのは近隣ではドリームキッズしかないので、子どもの成長が楽しみです。

・子どもがレゴやロボットが好きなので、プログラミング教室に喜んで通っていま す。子どもの持つ可能性を伸ばしてあげられたら、と思っています。

・そろばんを始めて、集中力がつきました。諦めずに取り組む姿が見られるように なり、心の面でも成長したと感じています。

ストーリー9:子どもたちが安心できる“第3の場”


教育付き学童保育を行っている中で、前述した内容以外にも運営を行う上で 意義や意味を感じる点は、家庭とも学校とも違った安心して生活できる“第3  の場”だと言う点です。

それは、学校から帰ってくると学童保育の先生だけではなく、顔なじみの先生、園児たちから「おかえりなさ い!」と温かく迎えられ、ホッと一息 つける、

幼稚園でしかできない「居 場所づくり」です。

また私達は利用する子どもたちと幼 稚園時代から接しているため、成長 の様子、特徴など細かなことも把握 できています。

よって、子ども達(特に環境の変化 などでストレスを抱えやすい小学1  年生)を心身ともにケアすることがで きるのです。

ストーリー10:12歳までの子育て支援の実現について

このように当学園では現在、「教育付き学童保育」、「プログラミング教室」、

「そろばん教室」に加え、以前より行っていた“お預かりメイン”の学童保育を 合わせると200名以上が利用しています。また学童保育の他にも「企業主導 型保育」なども行うことで0歳児から小学生まで通うことのできる

「12歳までの子育て支援=0~12歳一貫教育」を行っております。

「今の時代のニーズに合わせた教育や保育を、自らの手で0~12歳一貫で行いたい」

そうすることで、より園のブランド力も上がり、園児募集にも繋がり、かつ収益 も出るため、

人口減少の激しい地域においても目先の補助金や助成金に依 存しすぎることなく、長期的に安定した経営ができると信じているからです。

今後もより一層、0~12歳一貫の強化に取り組んでいこうと考えております。

日時・会場 お申込みはこちら

【東京会場】 2018年8月2日(木) 13:00~17:00
(株)船井総合研究所 東京本社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 日本生命丸の内ビル21階
《JR「東京駅」丸の内北口より徒歩1分》

このセミナーに申し込む 

※お申込みにはログイン(メールアドレス、パスワードの登録)が必要です。登録はすぐに完了します。

幼稚園が取り組むべき“子育て支援事業”とは

昨今、皆様もご存知の通り、幼稚園業界は少子化によ る園児募集競争の激化、共働き世帯増加による認定こ ども園へ移行する園の増加など厳しい環境下にあると 言わざるを得ません。

そのような中で園の永続的な運営を実現するために今 後どのような取り組みを行うべきなのか。

そこで、船井総研が過去のコンサルティングを通して今 後幼稚園が行うべき“12歳までの子育て支援”につ いてお伝えしていきたいと思います。

1.12歳までの子育て支援=幼小一貫教育の実現

“12歳までの子育て支援”とは、本冊子では主に「小学生向け」の子育て 支援事業のことを指しております。もちろん園児募集に大きく影響する、

「0、1歳児向け親子教室」や「未就園児教室」も重要であることは言うまで もありません。

しかしこれからの時代、「少子化」や「共働き世帯の増加」、「保育ニーズ」と いうテーマから幼稚園業界が逃れることは大変難しい状況です。

そこでポイントとなるのがLTV(顧客生涯価値)、つまり「1人の顧客との長い付き合い」を実現できる

「卒園児向けの教育事業=幼小一貫教育」なのです そしてその幼小一貫教育を行っていく上で、プラット フォームになるのが昨今の保育ニーズだけで無く、

教育ニーズにも応えることのできる「教育付き学童保 育」なのです。では具体的にどのようなものなのかを 次項で詳細をご説明致します。

2.船井総研がご提案する“教育付き学童保育”とは

1.教育効果が高く、時流に合った教育付き学童保育に

現在の小学生向け教育の時流は、ただ学童保育に習い事をつければ良い、 というものではなく

「●●●な子どもを育てるため」

「●●●のスキルを身につけるため」 の手段として、

「▲▲と■■の習い事を実施する」

といった、コンセプトを打ち出したスタイルが必要です。

また、同時に「エビデンス(実績・科学的根拠)」などがなければ、 保護者の信頼を勝ち取ることができません。※特に都市部

これらのコンセプトやエビデンスに基づいて、講座のジャンルやカリキュラム を構成していくことで、保護者に求められる教育効果の高い学童保育が出来 上がるのです。

2.学童保育だけでなく習い事・スクール事業も行い収益を確保

例えば学童保育の月謝を30,000円、定員を50名設定した場合、売上は定 員充足率8割(40名)としても120万円/月で単純計算で年間1,500万円近く になります。

またそれに加えて「習い事・スクール」として「英会話」や「プログラミング教 室」などを行うことで、「学童保育に通う方がオプションで受講する」

「習い 事やスクールのみを受講する」卒園児を増やすことができ、収益も大幅に増 加します。※内木学園様の場合学童保育とそろばん教室の併用率は52.7%

実際に前述の内木学園様においても、「プログラミング教室、そろばん教室 のみに通塾」しているお子さんが過半数を占めております。

また、弊社お付き合い先のある学校法人様における教育付き学童保育

(基本料金3万円)では、利用者の半数が英会話教室、残りの半数がプロ グラミング教室をオプションで受講しており、1人あたりの単価が月4万円を 超えているという事例もあります。

このように学童保育単体だけで無く、習い事・スクール事業の組み合わせ で収益を上げていくのです。次項にて収支イメージを記載しました。



※立ち上げ3年以降の売上イメージ

※長期休暇の料金なども含む

3.職員が自身のお子さんを“通わせたい”と思う学童保育に

前述の内木学園様を含め、私のお付き合い先の幼稚園において職員の 方々がお子さんを園の教育付き学童保育に入れられているケースも多々 見受けられます。

このように教育付き学童保育は職員の満足 度を上げ、定着率の上昇や離職率の低下に 繋げるという狙いや効果があるのですが、 その上で意識いただきたいのが、

「職員が自身のお子さんを“通わせたい”と 思えるかどうか」

という視点です。

それは内容はもちろんのこと、職員向けの 授業料や月謝の割引なども検討いただく必 要性がございます。

3.“教育付き学童保育”を行うメリットとは!?

ではここからはより具体的に「教育付き学童保育を行うメリットとは何なの か?」ということについてお伝えしていきたいと思います。

教育付き学童保育で得られるリッその1 “園や法人の教育の継続と浸透が可能に!”

「子どもたちは卒園してからわずか4カ月ほどで 園で当たり前のようにできていた“挨拶”や“礼 儀、作法”に始まり、色々なことが出来なくなっ ている。

何のための園での幼児教育だったのだ ろうか…」

とある私のお付き合い先の幼稚園の園長先生 が、卒園児(小学1年生)が一同に会する行事 の中で私に向かってこのように仰いました。

また続けて、

「決して小学校の先生の教育が成っていないだとか、小学校の環境がよろしく 無いという訳では無いのですが、これが毎年この行事で目の当たりにする現 実です。

この現実を少しでも変えたいと思ったのが“教育付き学童保育”を作 ろうと思うに至ったきっかけの1つです」

とも仰いました。

皆様方の中にもこのような経験をされたことのある方もいらっしゃるかも知れ ません。

このように皆様方が手塩にかけて育てた子どもたちが、わずか数カ月で園で の教育を忘れてしまうという悲しくもあり寂しくもある現実が存在します。

そのようなことが無いよう、園や法人の教育や想いを子どもたちに引き続き 浸透させて、立派な大人になってもらうためにも幼小一貫教育が重要である と考えられます。

そのための1つの手段であり、考え方が“教育付き学童保育”なのです。

教育付き学童保育で得られるリッ2 “圧倒的な教育効果!学習習慣の定着・子どもたちの能力や可能性が広がる!”

教育付き学童保育を考える上で、重要なメリットの1つが「子どもの教育効 果が飛躍的に高まる」点です。

俗に小学生が放課後と長期休暇に過ごす時間は1,600時間とも言われ ています。そのような長時間に渡るお預かりの中で教育を行うことにより、

従来の習い事や教室では考えられない時間数の「学びの時間」を確保す ることができます。

例えば内木学園様の教育付き学童保育では英語の授業が週3回もある ため、たった1カ月で週120分×4週=480分も学習することになります。

このように、低学年の時期から「学習習慣の定着」そして「様々な学び」を 身につけることが可能になり、子どもたちの能力や可能性を広げてあげる ことができるのです。

教育付き学童保育で得られるメリッ3 “保護者・子どもたちの満足度が高い園に!”

皆様の中で既に感じられている方も多くいらっ しゃると思いますが、卒園後も通い慣れた園に 習い事などで通わせたいと希望する保護者は 想像以上に多く存在します。

実際に皆様方の中にも園において“預かり保育 の利用率が高い”という方もいらっしゃるかと思 います。

例えば、関東の地方都市にある幼稚園様での アンケートで保護者の57%が「卒園後も通わ せたい」と答えました。

このような保護者のニー ズを捉えて保護者満足度の高い園にしていく のも重要です。

そして何よりも利用する子どもたちと幼稚園時代から接しているからこそ可 能になる、小学校入学後の子ども達の「居場所づくり」「心身のケア」がで き、「保護者の方に安心して働いていただける環境づくり」ができるという点 は、幼稚園ならではの強みです。

教育付き学童保育で得られるリッその4 “園のブランド力アップ&近隣園、他園との差別化“

皆様もご存知の通り、日本では少子化が進行しています。特に地方では 前述の幼稚園様のように少子化や過疎化が激しく園の周辺人口が大幅 に減少するエリアも少なくありません。

また待機児童の問題もあります。

そんな中でも今後、園児を獲得し生き残っていくには足元の商圏を確実に 抑えていくことはもちろんのこと、「より遠方」からも来ていただかなければ いけません。

そうなると必要になってくるのが遠方 からでも通園したいと思っていただけ る「園のブランド力」と「近隣園、他園 との差別化」の他なりません。

そのブランド力を形成する大きな要 素として「高い教育性と利便性」が挙 げられます。

つまり「この園でしか受けられない教育や高いサービス」がブランド形成 や近隣園、他園との差別化に繋がり、それを満たすものが「教育付き学 童保育」なのです。

またこの教育付き学童保育という形は大都市、特に関東圏(東京、千葉、 埼玉)においては今でこそ当たり前のように存在していますが、地方都市 ではまだまだこの業態、

特に幼稚園などを運営する学校法人が行ってい るケースは稀です。例)栃木県の民間学童保育数は11件、東京都は405件

そのため地方都市であればあるほど、「教育付き学童保育=園児募集 力の強化」に繋がりやすいのです。

教育付き学童保育で得られるリット  5 “職員の定着、離職率の低下に貢献”

前述にも触れたように教育付き学童保育を行うことで、園で働く職員の先 生方にとって、子どもが大きくなっても安心して預けてもらえて、

教育まで してもらえる環境があることにより人材の定着と離職率の低下に繋がり ます。

また一度、離職した職員が短時間のパートとして戻れる環境としても教育付き学童保育を活用することができます。

教育付き学童保育で得られるリット  その5 “ローリスク、ローコストにも関わらず2,000~3,000万円の大きな収益事業に!”

夕方15時~19時の時間帯で園舎・施設 に空教室・空スペースが存在する、また職 員の稼働時間に余裕があるケースの場合、 大きなシナジー効果が見込めます。

つまり教育付き学童保育の開設&運営コ ストを大幅に削減することが可能です。

このように施設や既存の人員の活用によ り、初期投資500万円以下での開設が可 能な場合も有り、収入の半分が手元に残 るケースがあります。

また前述にも述べたように学童単体での収益だけなく、「習い事」での収益 も上げることが可能です。

※下記イメージ


以上のように、幼稚園業界にとって、「教育付き学童保育」は、多くのメリッ トが存在し、今後の幼稚園経営において、外すことはできない可能性を秘 めています。

ぜひ、今後の幼稚園経営における戦略の柱のひとつとして、教育付き学童 保育の立ち上げを考えてみてはいかがでしょうか?

日時・会場 お申込みはこちら

【東京会場】 2018年8月2日(木) 13:00~17:00
(株)船井総合研究所 東京本社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 日本生命丸の内ビル21階
《JR「東京駅」丸の内北口より徒歩1分》

このセミナーに申し込む 

※お申込みにはログイン(メールアドレス、パスワードの登録)が必要です。登録はすぐに完了します。

 

 

 

お問い合わせはこちらから